*かわいい忘れ物でつくる夏の味~山形の「だし」~

いらっしゃいませ、しらうおです(*´∀`*)

 

もうすぐ7月、さすがに暑くなってきましたね~

 

暑がりな私にはつらい季節が来てしまいました・・・

 

 

【目次】

 

 

かわいい忘れ物

 

f:id:sirauominimal:20170627005108j:image

みょうがの花の部分を採取したあとに残る茎の部分、

 

「みょうがの忘れ物」という名前で売られています

 

いっぱい入って安いんですよー

 

みょうがには「食べると忘れっぽくなる」という迷信があるらしいです

 

そんなみょうが自身の忘れ物、というユーモアのある名前とコロンとした姿がなんだかかわいい♪

 

この「みょうがの忘れ物」が手に入った時にいつも作るもの・・・

 

それが、

 

だし

 

という山形県の郷土料理なんです。

 

 

「だし」とは?

 

  • 刻んだ野菜や薬味を、醤油やめんつゆなどで味付けした料理 

 

  • 主な材料は、きゅうり・なすなどの夏野菜、みょうが・しそ・ねぎ・しょうがなどの香味野菜だが、ピーマン・にんじんなどの身近な野菜を使う場合もある

 

  • オクラ・こんぶ・めかぶなどを入れたネバネバタイプもあれば、入れないサラサラタイプもある

 

  • 家庭の数だけ、作る人の数だけ、違った味付けがある

 

↑Wikipediaにも似たようなことが書いてあったので、多分これで間違ってない・・・はずっ(※山形県のみなさん間違ってたらすみません)

 

作り方や材料に、特に細かい決まりがないのは嬉しいですね。

 

だいたいでいいんだよーアバウトでいいんだよーという部分に「だし」という料理の優しさと懐の広さを感じます

 

 

しらうお家のだし


f:id:sirauominimal:20170627005142j:image

定番のきゅうり・なす・みょうが・しそで作ります

 


f:id:sirauominimal:20170627005158j:image

材料を好きな大きさに刻んでいきます

 

 
f:id:sirauominimal:20170627005234j:image

全部刻み終えるとこんな感じになります

 

※なすのアク抜きですが、した方がいいというレシピ、しなくてもいいというレシピの両方があるようなので好きな方でいいと思います。

ズボラな私はアク抜きしない道を選びましたが、気になる方はアク抜きしてくださいね

 

 
f:id:sirauominimal:20170627005251j:image

ここでゴマと削り節を入れるのがしらうお家のポイントなんですよー

 

本場山形県では「納豆昆布」というものを入れるらしいですね

 

 

昆布もおいしそうだなぁ~今度家にある塩こんぶを入れてみようかなぁ

 

あとは、しょうゆやめんつゆなどで味つけしていきます

 

わが家では使う調味料や分量は特に決めておらず、

 

しょうゆをベースに、その時家にある調味料をブレンドしています

 

めんつゆがあればめんつゆで、

 

昆布つゆがあれば昆布つゆで、

 

だしじょうゆがあればだしじょうゆで

 

といった感じですね、毎回同じレシピにならないのが面白いところ。

 

「今回はどんな味のだしになるのかなぁー」ってわくわくしちゃいます

 


f:id:sirauominimal:20170627005315j:image

混ぜ合わせて、好みの味の濃さに整えたら出来上がりです!

 

このまま食べてもおいしいですが、私はある程度味がなじんだ方が好きなので冷蔵庫で休ませます

 

 

食べ方いろいろ

 
f:id:sirauominimal:20170627005343j:image

ごはんにかけたり、冷奴にかけたり、そうめんを食べる時にめんつゆにたっぷり入れるのもおいしいですよ

 


f:id:sirauominimal:20170627005521j:image

冷しゃぶサラダにも相性ぴったりです

(目が・・・目がチカチカするぅぅぅっ)

 

あっ、納豆に入れるのもいいですよー個人的にオススメですっ!

 

 

まとめ

 

刻んで混ぜるだけで作れちゃうおいしい夏の風物詩。

 

こんなに素晴らしい料理を作り出してくれた山形県のみなさんに大感謝ですっ(*´∀`*)

 

 

▼きゅうりが余ったら浅漬けにしちゃいましょう♪

www.sirauoayc-2017.com

 

▼ひっそり参加中、素敵なブロガーさんがいっぱいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ