水分補給も健康的に。デトックスウォーターで体の中から整えよう

いらっしゃいませ、しらうおです(*´∀`*)

だんだん暑くなってきましたね。

ついついジュースをがぶ飲みしちゃいそうになりますが、今年の夏はデトックスウォーターを中心に水分補給をしようと思っています。

 

【目次】

 

 

 

デトックスウォーターってなに?

 

f:id:sirauominimal:20170531003907j:plain

以前モデルさんやセレブの間で流行ったこともあり、なんだか意識高い系の雰囲気がしますが、ものすごく簡単に言っちゃうと「果物や野菜やハーブが入った水」のことです。

素材の香りがふわっと水に溶けだすので、フレーバーウォーターとも言われています。

カフェやレストランで、レモンの輪切りが入ったお冷を飲んだことはありませんか?

昔は「お冷にレモン入ってるー!すごいなにこれめっちゃオシャレー」ぐらいにしか思っていなかったんですが、あれも立派なデトックスウォーターだったんですね。

 

 

 

デトックスウォーターの健康効果

水の中に素材の栄養が溶け出すので、水溶性の食物繊維や、加熱することで壊れてしまうと言われるビタミン類もしっかりと補給することができます。

そのため、美肌や体質改善に期待が持てるというわけですね。

砂糖を使わないので、ジュースに比べると低カロリーで健康的なのも嬉しいですね。

 

 

 

作ってみました

作り方は簡単、カラフェやボトルの中に切った野菜や果物を入れて水を注ぐだけです。

水に栄養と香りが溶け出すまで、最低でも1~2時間は待ってくださいね。

朝作っておいて、学校や職場でお昼休みに飲むのもいいですね。

可愛いボトルで作れば、いつものランチがぐっとオシャレになります。

 
f:id:sirauominimal:20170531004406j:image

左側はキュウリ+パイン、右側はオレンジ+リンゴで作ってみました。

カラフェは100円ショップのセリアで買ったものです。

 

えっ、キュウリ・・・?と思うかもしれませんが、さっぱりとした風味で意外とおいしいんですよ。ただし、結構キュウリキュウリした味になるので、キュウリが苦手な方はご注意ください。パインやオレンジなど、果物を一緒に入れると飲みやすくなりますよ。

 

農薬が気になるので、リンゴやオレンジの皮はむくようにしています。

皮ごと入れた方が見た目が可愛くなるけど・・・ここはガマンです。

 

今回は浄水器の水ですが、ミネラルウォーターで作った方が健康効果がアップします。

これから暑くなるので炭酸水で作るのもおすすめですよ。ふわっと広がる素材の香りとシュワシュワの喉越しでリフレッシュできます。

※甘いサイダーでは健康効果が期待できませんので、甘くない炭酸水を使ってくださいね。

 

 

組み合わせいろいろ

私は、高い材料ではなく、その時に安く買える材料で作るようにしています。

  • おなかの調子を整えたい時は、リンゴ・パイン・キウイ
  • 美肌効果・風邪予防には、レモンやオレンジなどの柑橘類
  • 疲れ目にはブルーベリー

など、自分に合った健康効果で材料を選ぶのもいいですね。

好きな方は、ペパーミントなどのハーブを組み合わせるのもおすすめです。

夏になったら、旬のスイカで作ってみたいなぁ。

 

 

保存の際の注意点

保存料を使わずに作るので痛みやすいです。

必ず冷蔵庫で保管し、なるべく24時間以内を目安に飲み切るようにしてください。

私は2日ぐらい経ったのも平気で飲んじゃうんですが、みなさんはあまり真似しないでくださいね。もし口に入れた時に変な味がしたら迷わず吐き出してくださいね。絶対に飲み込んじゃだめですよ。

 

 

まとめ

意識高い系ドリンクのイメージがあるデトックスウォーターですが、材料を切って水に入れるだけなので、私みたいにズボラな人にもピッタリの飲み物なんです。

甘くて高カロリーなジュースを飲むよりもずっと健康的ですし、素材の自然な味がするので水が苦手な方にもおすすめです。

いろいろ組み合わせて、あなただけのオリジナルレシピを見つけてくださいね。

おすすめの組み合わせがあったら、ぜひぜひ教えてくれると嬉しいです(*´∀`*)

 

 

▼ひっそり参加中、素敵なブロガーさんがいっぱいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ