*たったひとつのネックレス、しあわせな思い出の宝物

いらっしゃいませ、しらうおです(*´∀`*)

 

しあわせな思い出が、モノを宝物にしてくれます

 

 

【目次】

 

 

 

ネックレスはひとつだけ

 

私が今持っているネックレスはひとつです

 
f:id:sirauominimal:20170806225723j:image

 

それが、この4℃のネックレス。

 

3年ほど前、付き合い始めて最初のクリスマスに彼がプレゼントしてくれたものです

 

 

クリスマスの思い出

 

待ち合わせ場所は、イルミネーションが綺麗な駅前広場。

 

「今日さー職場の人からチョコもらったから、しらうおにあげるよ。開けてみて」

 

そう言って彼から手渡されたビニール袋。

 

彼に言われるまま袋の中に手を入れてみると・・・

 

お、おぅ?この大きさと形はチョコじゃない・・・かな?

 

取り出してみると、それは可愛くリボンがかけられた4℃の箱でした。

 

顔を上げると、とても照れくさそうに笑う彼がいました。

 

 

ぶっ・・・

 

 

不器用すぎぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!

 

 

あまりの不器用な渡し方に、思わず笑ってしまう私。

 

そう、彼はとても不器用な人なんです、

 

恥ずかしがり屋で、上手にウソがつけない素直な人。

 

きっと勇気を振り絞って渡してくれたんだろうなぁ・・・

 

私が袋の中を確認している時、内心ドキドキしてたんだろうなぁ・・・

 

このネックレスを見るたび、あの日の光景がよみがえります。

 

そして、とても愛しい気持ちになるんです。

 

 

 

たくさん持ってたけど大切じゃなかった

 

私は以前、アパレル販売の仕事をしていました

 

その頃は、洋服もアクセサリーも、数えきれないほどたくさん持っていました。

 

好みの物を見つけては「あーかわいいーーーー!」と言って買い、

 

プチプライスの物を見つけては「やっすーいかわいいーーーーー!」と言って買う。

 

お店のスタッフやお客様から「えーそれかわいい!どこで買ったの!?」と聞かれることが嬉しくて・・・でもそこに物への愛情はなくて。

 

ただ、買ってただけ。

 

ちっぽけな自己満足のために買ってただけ。

 

チェーンが絡まってもそのまんま、汚れがついてもそのまんま。

 

扱いは雑だし、買った時のエピソードなんてもちろん覚えていません。

 

こんなんじゃ、大切にしてるなんて言えませんよね。

 

 

 

減らしたから気づけたこと

 

それに気づけたのは、おもいきって物を減らしたからでした。

 

物を減らすと、物との付き合い方が変わります。

 

物と一緒に、その時の思い出を大切にしたい、

 

そう思うようになったんです。

 

「新しいネックレス欲しくない?誕生日にプレゼントするよ?」

 

と、彼は言ってくれるけど、まだ必要ないから大丈夫。

 

ちゃんとメンテナンスをして、できるだけ長く使いたいな、

 

いつかこのネックレスが寿命を終えた時に、新しいのを買ってくれたら嬉しいな、

 

彼にはそう伝えています。

 

 

まとめ

 

物を減らしたら、大切にしたい思い出が増えました

 

彼がくれたネックレスは、今日も私の首元で輝いています(*´∀`*)

 

 

 

▼ひっそり参加中、素敵なブロガーさんがいっぱいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ