読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金を持った人の共通点、それは・・・?

いらっしゃいませ、しらうおです(*´∀`*)

みなさんはどんなお財布を使ってますか?
二つ折り?長財布?それともマネークリップ?
今回はこの本をご紹介したいと思います♪


f:id:sirauominimal:20170405220415j:image
 

亀田潤一郎さんの「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」です。

税理士である亀田さんが、多くの経営者の財布を観察して気づいたことをまとめた1冊です。しかも亀田さんが実際に試して効果があった方法ばかりで、私たちも無理なく実践できるよう、ひとつひとつの項目が短くわかりやすく綴られています。
ちなみに、学生の時に父の会社が倒産して家も財産も全て失ったあげく、借金の一部を背負う・・・という大変な過去をお持ちです。

 

 

【目次】

 

 

お財布、太りすぎていませんか?

これはあくまでも私が見てきた財布のなかでの統計ですが、お金に好かれる人の財布はたいていスリムです。

 

一方、お金にあまり好かれていない人の財布は、例外なく太っています。

 

「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」より一部抜粋

あぁぁぁぁぁ・・・

お財布ってついつい太っちゃいますよね。私も気を抜くとレシートでいっぱいになります。
パンパンのお財布って使いにくいし、人に見られたら恥ずかしいですよね。

これを解消するため「ワンディ・クリアリング」という方法が紹介されています。
それは、1日の終わりに財布の中身を整理してきれいにすること。
お札の向きををそろえ、多すぎる小銭は減らして、不要なレシートは捨てる。
すると、自分が今いくら持っているのか、今日はどんなお金の使い方をしたのかが見えてきますよ。

 

財布を見ただけでわかる・・・?年収〇〇倍の法則

みなさんが普段使っている財布はいくらで買った物でしょうか?
面白い法則が紹介されていたのでご紹介しますね。

それが、「年収200倍の法則」。

「財布の購入価格×200」の数字が、ちょうど持ち主の年収を表してしまうというものです。

 

「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」より一部抜粋

もし1万円の財布を使っているとしたら、年収は200万、ということですね。
残念ながら私は当てはまらないんですが、みなさんはどうでしょうか?

あるいは、現在使っている財布の購入価格と年収がこの法則に合っていない、という場合があるかもしれません。

その場合も、今後の年収がこの法則に従って変わっていく傾向があります。

 

「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」より一部抜粋

もし今の自分の年収が200万だとすると、つまり・・・

3万円の財布を使っていれば、年収が600万に伸びる可能性がある。

5000円の財布を使っていれば、年収が100万円に落ち着いていく可能性がある。

ということですね。

(あっ・・・そろそろ買い替えようかな・・・)

もちろん全ての人に当てはまるとは限りませんが、財布を買い替える時に意識してみると選択の幅が広がって面白いですよ。
ちなみにこの法則を知ってから、他の人が財布を取り出した時にさりげなく見るようになりましたw

 

大事なのは、お金を大切にする気持ち

自分が無理なく気持ちよく使えることが一番だと思うので、もし使いにくいようであれば無理して長財布にこだわる必要はないかな、と私は思っています。

大事なのは「お金を大切にする気持ち」。

お金を持った人ほど、お金を大切に扱います。

このことを、財布の面から、精神面から、時にはご自身の苦労話を交えながら、わかりやすく教えてくれます。税理士として、多くの成功者(失敗者)を見てきた亀田さんの言葉は重みが違います。
普段何気なく使っていたお金への意識が変わること間違いなしですよ♪
長財布の方も、二つ折りの方も、マネークリップ派の方も、ぜひみなさんに読んでいただきたい1冊です

 

*興味がある方はこちらもおすすめ (*´∀`*)
ライフスタイルブログ ミニマリスト