【ブックオフで宝探し】ネットで買えるけどやっぱり古本屋さんに行きたい!

いらっしゃいませ、しらうおです(*´∀`*)

ネットって本当にすごいですよね!

家にいながらお買い物が楽しめちゃうのはとっても便利です。

だけど今回は「古本もネットで買えちゃう時代だけど、いろんな本と直接出会いたいから、やっぱり古本屋さんが大好きなんだよなぁ~」というお話です。

 

【目次】

 

 

大好きブックオフ

本を読むようになってからは、ブックオフで古本を探すのが趣味になりました。

機会があればいろんな古本屋さんに行ってみたいんですが、近場にないんですよね(´∀`;)

なので、ブックオフさんにお世話になりまくりです!

たくさんの本を眺めていると、1、2時間あっという間に経ってしまいます。

帰る時間が遅くなってしまうので、仕事帰りにはなるべく行かないようにしているんですが、そんな時に限って全品20%オフの罠が待ってたりするのが恐ろしいところ・・・

 

一期一会の出会いを楽しもう

古本屋には、古い本から最新の本まで、時を越えてたくさんの本が集まります。

見たことない本が置いてあったり、たくさんあるし今度来た時に買おう!と思っていた本がもう無かったり・・・そんな本たちとの一期一会の出会いを、時間が許す限りゆっくり楽しめるのが魅力的ですね。

 

 

気軽にいろんな本にチャレンジできる

気軽に手に取って中を見ることができるので、いつもは読まないような本にもチャレンジできるのが嬉しいですね。

普段は読まないけど「へーこんな本もあるんだー読んでみようかな?」と思ってついいろいろと買いすぎてしまいます。


f:id:sirauominimal:20170518111338j:image

内藤誼人(よしひと)さんの、

「なぜ、マツコ・デラックスは言いたい放題でも人に好かれるのか?」

 
f:id:sirauominimal:20170518112634j:image

小川仁志さんの「7日間で突然頭がよくなる本」

 

どちらも普段ならスルーしてしまうタイプの本です。

「7日間で突然頭がよくなる本」は、完全にタイトルにつられました。

 

『7日間で?本当に?しかも突然って(うそやろ)www』

 

ブログのテクニックにも「ツッコミの余地を残す」というものがありますが、この本のタイトルはまさにそれだ!と思いました。勉強になります。

 

 

楽しみ方いろいろ

家に帰ったら、値札シールをはがして、本をキレイに拭きます。

この時間が大好きで、この本にはどんなことが書いてあるのかなぁ~と想像しながら拭くのがとても楽しいんです。

中には、じっくり中身を読んでから買う人や、ネットの評価を確認してから買う人もいますが、私はあえてそれをしないようにしています。

気になるタイトルを見つけたら、手にとってパラパラーっとめくって雰囲気を感じ取り、自分に合いそうだな、読んでみたいな、と思ったら買うことにしています。

前情報なしに買った本ってなんだかワクワクしませんか?

もちろん『うーん・・・なんか思ってた内容と違ったなぁ』という時もありますが、その本から学べることは必ずありますし、それもひっくるめて楽しい!

 


f:id:sirauominimal:20170518110206j:image

「仏の基本」だと思って買った本が実は「仏の基本」だったり。

こんなにデカデカと「仏像」って書いてあるのに間違えましたw


f:id:sirauominimal:20170518110354j:image

表紙の印象とは違い、中はゆる可愛いイラストで読みやすい!

このギャップいいですね~仏像、見に行ってみたいなぁ(*´∀`*)

 


f:id:sirauominimal:20170518110836j:image

勝間和代さんと広瀬香美さんの「つながる力」

「よし・・・そろそろツイッターでヒウィッヒヒーしちゃうかぁぁぁ!」と思った時にたまたま見つけたのがこの本でした。

 

中を開くと・・・

 


f:id:sirauominimal:20170518110856j:image

めっちゃ線が引いてあるwww

いいですね~こういうの好きですw

前の持ち主はツイッターのことを熱心に勉強していたんだろうなぁ・・・

その姿を思うと、なんだかあたたかい気持ちになります。

それに「ここが大事だよ!」と教えてくれているような気がして、ただ黙々と本を読むよりも楽しんで学習できます。

こういう楽しみ方ができるのも古本ならではですね。

 

カズレーザーさんの読書愛

読書家で有名なお笑い芸人、メイプル超合金のカズレーザーさんのお話ですが、家に本棚は置かず、読み終わった本は売ったり後輩芸人にあげたりするなど、すぐに処分してしまうそうです。

その理由は「また読みたくなったら、もう一度買って、作者に印税が入るようにする」というもの。

カズレーザーさんの読書愛を感じるエピソードですね。

私も、手元に残しておきたい!と思った本は、新品を購入するようにしています。

(古本を買っても、作者に印税は入らないのです)

 

まとめ

何でもネットで買える時代になったけど、古本屋めぐりはやっぱり楽しいなぁ。

たくさんの本の中から、自分で直接見て・触って・選ぶのは、宝探しみたいでとてもワクワクします。

そして縁のあった本をゆっくり読む時間は、幸せな気分になれるんです。

古本もネットでしか買わなくなったなーという方や、休日することないなーという方は、一度古本屋さんに行ってみてはいかがでしょうか?

新しい発見があるかもしれませんよ(*´∀`*)

 

▼ひっそり参加してます、素敵なブロガーさんがいっぱいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ